自己破産してマイホームのローンを組むために行ったこと

画像の説明

自己破産の事故歴の消滅期間を知る。



自己破産後のマイホームのローンを組むためには、まずは自己破産の事故歴がいつ消えるか、知っておくべきでしょう。


ネットの情報などを見ると、自己破産の事故歴については、以下のように紹介されています。

ベリーベスト法律事務所のサイト
信用情報機関によって登録される年数は異なりますが、CICやJICCは5年、全国銀行協会(全銀協)は10年と言われていますから、自己破産してから10年経過すれば、全ての信用情報機関から自己破産したとの情報が抹消されるようです。
https://best-legal.jp/personal-bankruptcy-home-loan-6107




マイホームでローンが組めるかどうかは、事前審査で知ることができる。

上で紹介したように、全国銀行協会では、10年間は事故歴が残り、その間はマイホームのローンを組むことができないようです。


しかし私の場合は、自己破産して8年目でマイホームローンを組むことができました。


やっぱりマイホームを建てようと、家内と話あって、家の間取りなどが大体固まってところで、金融機関に融資の事前審査を受けることになりました。



事前審査で審査に落ちるとその後不具合にならないの?

この事前審査を受けるときは、ドキドキでした。


なんといっても、事前審査でローンに落ちたら、しばらくローンの審査ができないんではないかって思ったのです。


クレジットカードなどは、一度審査に出して認められなかった場合、その後再度審査を受けることができるまでに、インターバルが空きますからね。


住宅ローンもそのようなことがあるのではないかって思って、心配でまず聞いてみたわけです。



事前審査で落ちても不具合にはならない

マイホームのローンを組むために、事前審査をする際に、金融機関の担当者へ


「審査に落ちたら、その後しばらく審査に出せないなどの不具合があるんではないですか?」


と聞いてみました。




そしたら、金融機関の担当者さん、


「全然そんなことはないですよ」


との回答でした。


その言葉を聞いて、安心して事前審査に出してみたわけです。