こんにちは。6年前に自己破産を体験し、最近ヒシヒシと自己破産のデメリットを感じているサイト管理人のTです。


【関連記事】⇒自己破産した当時は分からなかった、6年後に実感しているデメリット


今回は「過払金請求をして400万円以上戻った女性の体験談」を、ご紹介したいと思います。

自己破産のデメリットを知って
リスクの少ない債務整理を

自己破産にはデメリットがあります。

6年前に自己破産を体験した私(管理人T)は、自己破産後6年経過して、最近ヒシヒシと感じている自己破産のデメリットがあります。

あらかじめ、自己破産のデメリットを知っておきましょう。

自己破産のデメリットを知っておくことで、リスクの少ない債務整理をすることが可能になります。



それでは、過払金請求をして400万円以上戻った女性の体験談をご紹介します。



過払金で400万円以上戻って来た女性の債務整理事務所の選び方

過払い請求400万円女性

過払い金の請求をして400万円以上戻って来たMKさん(女性 36歳)に、債務整理の体験談や、債務整理事務所の選び方について、インタビューしましたの紹介します。

「債務整理をどうしたらいいだろう」と思っている方の、少しでもお役に立つことを祈っています。

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 


過払い金が400万円戻って来た主婦(MKさん36歳)

MKさんの借入先の状況を教えて下さい

借入先の相手先は殆どが消費者金融です。借り入れた先は次の5社です。 

  • UFJニコス
  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • レイク


過払い請求をしていくら戻って来ましたか?

過払い金で戻って来た金額は次のとおりです。

  • UFJニコス 120万 残債務0円 返済額78万円
  • アコム 返済額78万
  • プロミス 裁判中 51万目標
  • アイフル 裁判中 140万目標
  • レイク 裁判中 100万目標



現在返済されてきたお金の合計は156万(弁護士さんへの手数料・裁判費用・諸経費は含まず)


そのほかに裁判中のところの返済予定の金額の合計が291万円


したがって過払請求により戻ってくるお金の合計は合計447万円ということになります。




400万円の過払い請求の方法を教えて下さい

過払い金が発生について調査をした後で、弁護士さんを通じて1業者ごとに和解案が2回から3回程提示されました。


弁護士さんと相談しながら、金額を少しずつ上げながら交渉しました。


弁護士さんからのアドバイスで、口頭での和解は拒否をして裁判を起こしました。


ただアコムだけは裁判をしたら0円になる可能性もあるとの事で、仕方なく和解しました。


過払い請求後の勤務先への嫌がらせ等は、全くありませんでした。




MKさんが、その弁護士事務所に「お願いしよう」と決めた理由を教えて下さい

いくつかの債務整理の事務所にネットから申し込みをして、対応を見比べてみた時に、一番親身になり話しを聞いてくれた事が大きいです。


そして着手金もかからず、裁判費用も弁護士費用も雑費も、全て1件ずつ裁判が終わってから、過払い金の戻ったお金で相殺してくれる為、初期費用が一切かからない事。


お金が全くなかったので、着手金などの初期費用が掛からないというのは、大きな決め手になりました。


【関連ページ】着手金なしの債務整理弁護士ランキング

着手金なし・弁護士費用後払い・相談無料の債務整理弁護士ランキング。

着手金ゼロランキング



MKさんが他の比較した債務整理事務所を選ばなかった理由を教えて下さい

  • アディーレ法律事務所
    まずはTVなどでもCMをしているアディーレ法律事務所に電話をしたところ、
    着手金が最初にかかる為、

    費用を最初に1万円支払わないといけないことがわかりましたので、アディ―レは候補から外しました。

  • 法テラス紹介弁護士
    法テラスにも相談に行きましたが、着手金が最初に3万かかるとのことでしたので、こちらも候補から外しました。

    それに法テラスは、わざわざ面談に行ったにも関わらず、真剣なアドバイスはしてくれませんでした。

  • ホームワン
    やはりテレビCMをしているホームワンにも電話してみましたが、電話口で事務職らしき男性が電話に出て自己破産を勧めるばかりでした。

    こちらがいくら「過払い請求をしたい」といっても聞き入れてくれませんでしたらので候補から外しました。

  • 司法書士事務所
    なんという司法書士事務所か忘れましたが、司法書士事務所では報酬は弁護士事務所より安いが、

    司法書士では裁判で140万円以下しか取れないとのことでしたので、候補から外しました。




MKさんが過払い金請求をしようと思ったとき、弁護士はどのように探しましたか?

過払い請求をするにあたり、まずは過払い請求の詳しい詳細を分かる範囲で調べました。


国が運営する法テラスにも無料で2度相談に行きましたが、法テラスは親身になっては聞いてくれませんでした。


なので、ネットを通じて過払い請求に強い弁護士事務所を色々と検索し、実際に電話を何件もかけて詳細を聞きました。


着手金が前払いなのか後払いなのか、また回収報酬が何%なのかなどをお聞きしました。


着手金が不要という事務所に電話で相談したところ、とても親身になり話しを聞いて頂き、


「うちは必ず面談をしてからでしか依頼を受けません」


と、おっしゃっていただき、


「それが弁護士の決まりですから、面談のない事務所との取引は、辞めた方がいいです」


と、アドバイスを頂きました。


住んでいるところからは遠方で遠い事務所さんでしたが、一度直接お会いして契約を交わす事が出来ましたので安心してお任せ出来ました。


弁護士さんへの報酬は、

  • 着手金:0円
  • 回収報酬:21.6%
  • 訴訟手数料:数千円から2万程度
  • 裁判費用:1件につき54000円
  • 減額報酬無し



との説明を受けました。


これらの弁護士費用は全て戻って来た過払金からお支払することでいいとのことで、実際に自腹でお支払した費用はありませんでした。


自己破産しない債務整理

自己破産にはデメリットがあります。しかし、借金を軽くする方法は、自己破産以外にもあります。まずは無料相談できる弁護士事務所へ相談することをおすすめします。弁護士事務所によっては、無料相談に応じてくれて、着手金なしで債務整理の手続きをしてくれるところもあります。

着手金ゼロランキング

私が自己破産するときに、電話で1時間も真剣に、無料でアドバイスをくれた事務所はこちらです。⇒シン・イストワール法律事務所

【債務整理】シン・イストワール法律事務所





前後しますが、MKさんが多重債務になったきっかけを教えて下さい。

最初は、生活費が足りず少しだけのつもりで借りました。それでも毎月赤字が続き、いつの間にか毎月必ず借りるようになり限度額が来る度に増額をしておりました。


昔は、今のように審査が全く厳しくなくて簡単に増額をしてくれました。


次第に生活費に充てるだけでは、物足りずお金を借りてまで交遊費にも注ぎこむようになり、自分自身の金銭感覚がいつの間にか麻痺していったのです。

画像の説明
いつの間にか麻痺していました。

借りては返しの自転車操業を繰り返すようになり債務はどんどん膨らんでいきました。


借金生活をしている意識はもう無くなり魔法のお金に変わっていたのです。


1社から借りては返済をして、足りなければまた次の会社から借りる、そんな自転車操業もとうとう限界が来て、毎日のように借入先から電話がかかるようになりました。


気づいた時には、返したくても返せない日々に、自分の不甲斐なさを心から痛感した瞬間でした。一番借りていた時の金額さえも覚えていませんでした。


請求額が支払えないので親に立替をしてもらい、借入先に全額返済してもらった時は、なんて親不孝者だと自分自身で痛感した事が何より一番辛かったです。


過払い金請求をしての総括的な感想をお願いします。

過払い請求をする前は、毎月の支払いに本当に困っており毎日かかる催促の電話に怯え精神的に参っていました。


今月は、どうやって過ごすだけを考えており、給料を頂いても支払いに消え自己破産も検討しておりました。


そんな中で様々な弁護士や司法書士の事務所へ連絡をとり、色々とアドバイスを頂き、過払い請求が出来る事を知りました。


実際にやってみると毎月支払っていた残額は、全てが債務無しになり、それどころか今まで払って長年払ってきた利子が400万円あまりも自分に返って来ることがわかりました。


あれだけ悩み苦しみ続けてた日々が穏やかに変わり、今ではやっと精神的にも楽になりました。


お金の怖さを知って高い勉強代にはなりましたが、二度とこのような事のないように肝に銘じ教訓にしていきたいと思っています。


それと同じように、多重債務で困っている人がいれば、「過払い金は戻ってくる」ということを、アドバイスをしてあげたいです。


主人にばれたくないが故に借金を長年隠し通してきましたが、勇気を出して一歩踏み出せば人生は変わるものなんだと思いました。


過払い金が無ければ今頃は、自己破産の地獄の人生でした。


あのときインターネットで情報を調べて、勇気を出していろいろなところへ無料相談をして、本当によかったと思っています。


着手金ゼロランキング

次の記事⇒過払請求に弁護士費用はいくらかかるのか教えて頂きました。
次の記事はこちら

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

【このページをご覧頂いたあなたにおすすめ記事】


自己破産をした私が車のローンを組むことができた方法

自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


自己破産後4年後でクレジットカードが持てました。

カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産をした私が、新規にスマホを契約できた裏ワザ的なまっとうな方法

自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


過払金が400万円戻って来た主婦の債務整理相談の方法

暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。

過払い金400万円を取り戻した
主婦の債務整理方法>


6年前に自己破産した私が、いま感じている、自己破産のメリットとデメリット

ボディブロー

6年前に自己破産した私が、自己破産当初は感じなかった、最近じんわりと、ボディブローのように感じ始めている、自己破産のメリットとデメリット


いきなり本名での相談は怖いと感じた体験談

騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談



債務・借金 ブログランキングへ

【関連タグ】