過払請求の時、弁護士と司法書士で何が違うのか

「司法書士では140万円しか・・・」という記事がありましたが、「司法書士」と「弁護士」とで過払請求できる金額に限度があるのでしょうか?そのあたりについて何かご存じであれば教えて下さい。

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 

このページの目次:


司法書士は簡易裁判所への申請になるので申請の限度額があります。

弁護士へ代理人依頼の場合 簡易裁判所→地方裁判所→最高裁(自分の代理として、裁判所に行ってくれます。)という流れになります。

一方司法書士の場合は 簡易裁判所までの代理しか出来ないので訴訟の額が140万円までの制限があるそうです。

これは簡易裁判所が、そもそも、140万円以下までの案件しか取り扱わない為だそうです。

それ以降は、地方裁判所扱いになるので、もし控訴した場合にいずれにしても弁護士さんしか代理が出来なくなる為、過払い金の返済額が大きくなる場合は最初から弁護士さんへ頼む方が無難かと判断した為です。

次の記事⇒過払請求を夫にばれない方法
次の記事はこちら

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 

自己破産のデメリットを知って
リスクの少ない債務整理を

自己破産にはデメリットがあります。

6年前に自己破産を体験した私(管理人T)は、自己破産後6年経過して、最近ヒシヒシと感じている自己破産のデメリットがあります。

あらかじめ、自己破産のデメリットを知っておきましょう。

自己破産のデメリットを知っておくことで、リスクの少ない債務整理をすることが可能になります。