過払請求を夫にばれないで行う方法

過払請求を夫にばれないで行うことは可能だと思いますか?

最初の記事の際に「夫にばれないように・・・」という文章がありましたが、最終的にはいかがだったのでしょう?過払請求は「ばれないように」することは可能な方法なのでしょうか?

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 

このページの目次:


過払い請求を夫にばれないようにする方法は可能だと思います。

債務があるうちは、夫にばれないようにしておりました。

しかし弁護士の先生に過払い金が発生しているのかを調査してもらった上で、毎月払っていた返済額が0円になり、債務が一切なくなり、更に戻るお金が多々ある事が判明したので自分から夫へ話しました。

債務があるうちは、とてもいい辛くて言えませんでした。

ですが結局は夫に話せて良かったと思っています。夫も「一言だけ言ってくれたら良かったのに」と優しく言葉をかけてくれました。

これも弁護士の先生に勇気を出して相談した結果だと思います。

過払い請求をばれないようにするのは可能

私は過払い請求をばれないようにする事は、可能かと思います。

最初に弁護士の先生にお電話した際に、「過払い金を調査するにあたり、書いて頂く書類がありますので郵送致します」との事でした。

その際に「会社名と個人名どちらがいいですか」と尋ねられました。

事務所さん側から郵送においては、ばれない配慮をして頂けます。

私は、ちなみに個人名で送って頂きました。

弁護士事務所からは、借入先1業者事に何かある度にお電話をくれるのですが(和解案や裁判した結果など)、その際にも個人の携帯へ電話をかけて頂けました。

電話をかけて下さるのは、弁護士さんから直接ではなく、いつも事務員さんからです。

私が依頼した事務所は、事務員さんも沢山いらっしゃるみたいで、業者ごとに連絡下さる方が違います。

また過払い金の戻りがあった場合は、必ず本人の口座へ振り込まれます。

ですので、余程家族が近くにいたとか、勝手に郵送物を開けられたとかで無ければ私の見解としては、ばれないで過払い請求をすることは、可能な方法だと思います。

次の記事⇒過払請求の弁護士の選び方
次の記事はこちら

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 

自己破産のデメリットを知って
リスクの少ない債務整理を

自己破産にはデメリットがあります。

6年前に自己破産を体験した私(管理人T)は、自己破産後6年経過して、最近ヒシヒシと感じている自己破産のデメリットがあります。

あらかじめ、自己破産のデメリットを知っておきましょう。

自己破産のデメリットを知っておくことで、リスクの少ない債務整理をすることが可能になります。