任意整理 できないのはどんなとき?

このページの目次:


債務整理と任意整理

法的な手段で、返済できない借金を整理することを「債務整理」といいます。この債務整理の手続きにはいろいろな種類がありますが、その中でも最も多く利用されるのが任意整理です。
任意整理とは、裁判所などの公的機関を通さずに、債務者の代理人である司法書士や弁護士が、債権者(ローン会社や消費者金融など)と任意の話し合いを行って、完済できない借金の減額などを行うことです。

任意整理のメリット

任意整理によって現在の借金を減らし、その負担や精神的苦痛を減らすことができます。また、自己破産と違って、持ち家など所有の財産を手離さなくても済むのが任意整理のメリットです。しかし、実は任意整理ができない場合もあります。誰でも100%実施できるわけではないのです。場合によっては任意整理の申請すらできない可能性もあります。

任意整理ができないことも

たとえば、任意整理したあとの借金を返済できない見込みの場合は、当然ですが、その任意整理はできないことになります。任意整理は、借金を帳消しにするものではありません。減額はされるものの、やはり残された借金は債務者が返済していかねばならないのです。通常は、任務整理後3年以内に、残された借金を完済できる見込みがなければ(現在の収入と借金額との開きがあまりに大きい場合など)、債権者が拒否し、任意整理できないことになります。

強制力のない任意整理

また、任意整理には強制力はありません。言葉通り、あくまで債権者の任意によって交渉を行うことになりますので、任意整理ができないケースとして、債権者が通常通りの返済を要求してくることもあります。この場合は、代理人の交渉力しだいです。


いずれにしても、任意整理ができない場合は、他の債務整理の方法を考えなければなりません。よく言われる自己破産や個人再生など選択肢はありますが、実際にどうするかは弁護士や司法書士によく相談することをおすすめします。

自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。


ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、


「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。


そんなとき、「相談無料」「着手金不要」「分割払い可」という言葉に引かれて、申し込みをしたのが、こちらの「イストワール法律事務所」です。


自己破産を考える前に、どのような方法があなたに最適なのか、債務整理に強い弁護士に相談することをおすすめします。


管理人Tが利用した無料相談の中で、一番役に立つ情報を教えてくれたのは、こちらの無料相談でした。↓↓↓

【債務整理】シン・イストワール法律事務所


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談