クレジットカードのポイントを現金に換えられるカード

クレジットカードって、便利ですよね。

現金を持ち歩かなくて良いし、後払いにできる上、ポイントまでついちゃう。

最近まで私も、何でもかんでもクレジットカードで払っていました。

ですがが、最近現金の良さを見直すようになってきました。

今回は、私が実践しているクレジットカードのポイントを現金に換えられるカードについてご紹介したいと思います。

f:id:economylife123:20140401194451j:plain

毎日の買い物はクレジットカードを使わないで節約

クレジットカードはすごく便利ですが、唯一の難点は「お金が減っていく」という感覚が薄れること。

クレジットカードで払っていると財布の中のお金が減らないので、ついつい使いすぎてしまうんですよね。

そこで私は、食料品や生活用品といった、毎日の買い物は現金で支払うようにしています。

わが家では、食費の予算を月3万円、生活用品の予算を月1万円と決めています。

月初めにATMから4万円をおろして、それで1ヶ月生活するようにすれば、今月あとどれだけ使えるかが一目で分かります。

 

クレジットカードのポイントは本当にお得?

世の中「ポイ活」なんて言葉が流行っていますね。

食料品などもクレジットカードで支払えば、ポイントがついておトクなのに…と思われるかもしれません。

ですが、上で紹介したように、私の場合の月の生活費は4万円。

1%のポイントがついたとしても400円分。

だけど、現金を使って、無駄遣いのリスクを抑えられるこの方法は、確実に400円以上の節約効果があると、私は思っています。

f:id:economylife123:20140401194602j:plain

クレジットカードのポイントを現金に換えられるカードSBIカード

私がメインで使っているクレジットカードは、SBIカードです。

SBIカードを選んだ理由の一つが還元率の高さ。

どこで使っても1%のポイントがつくので、複数のカードを使い分ける必要もありません。

もう一つの理由は、クレジットカードのポイントを現金に交換できること。

還元率が高くても、マイナーな商品券やポイントにしか交換できなかったり、便利なAmazonポイントなどに交換しようとすると、とたんに還元率が低くなるようなカードもたくさんあります。

そんな中、SBIカードは、交換できるのが現金のみというシンプルさ。

手続きもネット上で簡単にできるので、ポイントを交換し忘れて無駄にするような事もありません。

わが家は、保険料や電気代など、ほとんどの支払いをSBIカードに集約しているので、毎年1万円ほどのキャッシュバックを受けています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

このブログは、管理人の夢子が、旦那様の「持病保険を安く入れた方法」を紹介するブログです。

こちらも参考にしてみて下さいね。⇒持病があっても保険って入れる?持病があっても安く保険に入れた3つのステップ。

持病保険に安く入れた方法

最近では持病があっても入れる保険が多くなってきています。ただ、持病があっても入れる保険は、保険料が高くなる場合があります…

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG