老後に備えるなら、確定拠出年金を使え!

先日、「金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術」という本を読みました。これは、確定拠出年金という制度について書かれたもの。

 

タイトルを見て「年利15%なんて、高リスクに決まってる」と思っていたのですが、確定拠出年金ならリスクゼロで本当に年利15%運用ができるんです。

 

今日は、その確定拠出年金についてお話ししたいと思います。

確定拠出年金とは

確定拠出年金には、企業型と個人型の2種類があります。自分の会社に確定拠出年金制度があれば、企業型の確定拠出年金を利用することができます。

自分の会社に制度がない場合や、個人事業主の場合は、個人型の確定拠出年金を利用することができます。

 

確定拠出年金は、毎月決まった額を掛け金として拠出し、60歳になると年金として給付を受けられる制度です。

 

掛け金は、預貯金や国債、株式などで運用されますが、運用方法は自分で選択することができます。

f:id:economylife123:20140513235940j:plain

確定拠出年金のメリット1:掛け金は非課税

確定拠出年金は、税制面でとても優遇されています。

 

ひとつは、掛け金分には所得税・住民税がかからないということ。

 

例えば、所得税率が10%で、確定拠出年金を月額3万円かけたとします。

 

すると、その3万円には税金がかからないので、所得税3,000円、住民税3,000円の計6,000円を払わなくて済むのです。

f:id:economylife123:20140513235953j:plain

確定拠出年金のメリット2:運用益も非課税

通常、預貯金の利子や、国債や株で得た利益には、約20%の税金がかかります。

 

確定拠出年金では、この運用益に対する課税もありません。

 

預貯金の利息は今のところ微々たる物なので、非課税になったところでそれほど影響はありませんが、国債や株での運用となると、20%の差は大きな差になります。

 

長期スパンで資金運用を考えている方は、確定拠出年金を利用した方が絶対におトクなのです。

 

夫の会社にも確定拠出年金制度があるのですが、「運用」と言う言葉になんとなく敬遠してしまい、微々たる金額しかかけていませんでした。

 

この本を読んでさっそく、会社の確定拠出制度を見直してみようと思いました。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

このブログは、管理人の夢子が、旦那様の「持病保険を安く入れた方法」を紹介するブログです。

こちらも参考にしてみて下さいね。⇒持病があっても保険って入れる?持病があっても安く保険に入れた3つのステップ。

持病保険に安く入れた方法

最近では持病があっても入れる保険が多くなってきています。ただ、持病があっても入れる保険は、保険料が高くなる場合があります…

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG