ガス代節約のコツはコンロの火加減

ガス代の節約ってお風呂だけではないんですよ。

ガス代ってお風呂のお湯を沸かすのを少なくするとか、お風呂の追い炊きをせずに家族で一気に入るとか、保温をしないとか、お風呂系のことしか節約って思いつかない人が多いような気がしますが、実はそんなことはないのです。

ガス代を節約する方法はほかにもあります。

今回は簡単にできるガス代の節約方法について紹介します。

一口コンロを使用すればガス代節約

まず一つ目のガス代の節約方法はガスコンロです。

 

ガスコンロを使うときは、1つのコンロをぶっ続けで使うようにすると節約できます。

 

2口のガスコンロや3口のガスコンロなどいろいろあると思いますが、一気に2つ3つのコンロを使えば確かに料理スピードは速いですが、これが意外とガス代がかかっています。

1つのコンロを使うことでコンロが暖かい間に次の鍋を火にかけることができますので、熱の伝導率も上がり、とても短い時間で調理することができるのでガス代節約になるのです。

 

鍋から火がはみ出さないよう調整すればガス代節約

お鍋をセットしたときに、お湯を早く沸かしたいからと火を最大にしていませんか?

 

これは、早く沸かせているようで、実は鍋から火が漏れている状態では熱の伝導率が悪いので時間がかかっているのです。

 

鍋に火をかけたときに鍋の縁から火がはみ出さない程度に火を調節すると熱の伝導率があがり、早くお湯を沸かしたり料理したりすることができます。

 

つまり、火をマックスまでしていることが決して早くお湯が沸いたりするということではないのです。

 

適度な炎の大きさにすることで、ガス代の節約につながります。

 

できるだけ中火をキープすればガス代節約

お料理の途中で、強火にしたり中火にしたりと料理は火加減を調節することが多いと思いますが、できれば中火のまま料理するとガスの量がキープできて節約になります。

この中火にするだけでもガス代を月に約75円ガス代を節約できますので年間にすると約900円の節約になります。

 

年間に900円かぁって思いますか?

 

だけど、ちょっと気にするだけで、1食分のランチになるんですよ(笑)

 

お風呂は保温せず家族みんなで続けて入ればガス代節約

家族が多い場合、頻繁に使う機能が「追い炊き」機能。

 

ですが、この追い炊きはかなりガス代が掛かります。

 

資源エネルギー庁によれば、追い炊きや保温機能を節約するだけで、年間に約6,880円の節約になるそうです。(都市ガスの場合)

 

年間の6880円って大きいですよね。

 

ガスヒーターのガス代節約法

冬場にガスヒーターを使う人が多いと思います。

 

ガスヒーターは点火が約2秒ということで寒い冬にすぐ温まるので便利ですよね。

 

点火が早いのでできるだけタイマーをかけずに起きてから点火するという方法をとると、数十分無人の部屋でガスヒーターをつけておくことがなくなりますので、これもかなりの節約になります。

 

またカーテンをしたり、冷気を遮断したりするだけでガスヒーターがフル回転せずによくなるのでガス代の節約になりますよ。

 

お部屋の断熱効果に一番影響があるのは、実は窓なんですよ。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

このブログは、管理人の夢子が、旦那様の「持病保険を安く入れた方法」を紹介するブログです。

こちらも参考にしてみて下さいね。⇒持病があっても保険って入れる?持病があっても安く保険に入れた3つのステップ。

持病保険に安く入れた方法

最近では持病があっても入れる保険が多くなってきています。ただ、持病があっても入れる保険は、保険料が高くなる場合があります…

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG