学資保険の口コミ 良い口コミばかりの学資保険は本当に大丈夫?

夢子
コロナ恐慌必至。保険料の値上がりも想定されます。値上がり前にキャンペーンがある保険相談で見直しがおすすめです。
保険無料相談キャンペーンランキング

学資保険とは

学資保険とは子供の教育費などにかかるお金を援助してくれることを目的とし、契約した保険料を定期的に支払いをすることによって、教育資金が必要になった時に、設定していた時期に合わせて給付金としてまとまったお金を受けることができる保険です。

 

契約時に決めた子供の年齢にあわせて給付金を受けることができ、生命保険と同じように、子供や親に万が一のことがあった場合に、それ以降の保険金が免除されるシステムもあるのです。

 

学資保険といわれていますが、教育費だけの積み立てではなく、子供が病気や怪我をした場合には一定の給付金がおりるといった特徴もあるのです。

 

教育費として備えるだけでなく、子供に万が一のことがあったときのための備えになるのです。

 

学資保険の選び方

学資保険を選ぶときには、保障型と貯蓄型というものがあります。

 

医療保障や死亡保障などの保険はほかの保険で備えれば良いといった考えの人が多く、保障型よりも貯蓄型を選ぶ人が圧倒的に多いのです。

 

しかし、教育費以外にも、万一の備えに保障型を選択する人もいるのです。

 

子供にどのようにしてお金を残すかが、学資保険を選ぶポイントになるのです。

 

学資保険の支払い期間中に、契約者である親が死亡したり、高度の障害にあった場合、保険料の支払いが免除され、満期金がもらえる払い込み免除特約というものがあります。

 

しかし、戻ってくる満期金は少し下がるのです。

 

それでも、微妙な額ならと免除特約をつける人も少なくはありません。

 

免除特約をつけるかどうかといったところも学資保険を選ぶためのポイントになります。

 

最近人気の学資保険

積み立て率に重点を置いた貯蓄型と、貯蓄性は劣るものの、医療保険も兼ね備えた保険型との2つに大別することができる学資保険ですが、保険会社にもいろいろな会社があり、決めるのにすごく苦労することでしょう。

 

それぞれの保険会社の特徴から絞っていくと、決めやすくなっていきます。

 

最近では、フコク生命「みらいのつばさ」が人気を集めています。

 

兄弟揃って加入すると、返戻率がアップする兄弟割引があったり、110%超えの業界トップクラスの高返戻率や、入学準備でも祝い金の支払いが間に合うといった特徴があります。

 

子供が2人以上いるご家庭ならこの保険はすごくお勧めなのです。

 

高い返戻率で言うなら、ソニー生命も人気の理由になります。

 

子供が0歳の時に、30歳の男性が22歳満期の10歳支払いにすると、120%の返戻率も可能になるのです。

 

学資保険の口コミ

学資保険はたくさんの保険会社が取り扱っています。ほとんどの保険会社が取り扱っていると言っても過言ではありません。ですが知っていますか?

どの会社も本当は学資保険は扱いたくないのです。

 

画像の説明

なぜなら学資保険は、どの会社もあまり利益がないから。ではなぜ学資保険を販売するのか?

 

それは、学資保険を撒き餌にして、別の保険の勧誘をしようと思っているのです。

 

そのような学資保険ですが、口コミで評判のよい学資保険もあるのも事実です。口コミがいい学資保険はどのような会社でしょう。夢子が調べた中から紹介したいと思います。

 

良い口コミばかりの、フコク生命『みらいのつばさ』

画像の説明

フコク生命のみらいのつばさという学資保険は人気があります。

 

学資保険の目的は、子供の教育資金を貯めるための保険です。

 

裕福な方や毎月きちんと貯蓄を管理できる方には、必要ないかもしれませんが、学資保険であれば、定期的に貯金をしなければならないという意味でも管理しやすです。

 

学資保険には戻し率というものがあり、払い込んだ保険料よりも受け取り金額のほうが、1割以上も多くなる貯蓄型の学資保険もあるので、払い戻し率に注意しながら、学資保険で貯蓄していったほうがいいという方は多くいらっしゃいます。

 

フコク生命の『みらいのつばさ』は、この貯蓄型の学資保険として、人気が高いものです。この『みらいのつばさ』は貯蓄型で戻し率が高いということで有名です。

 

学資保険の主な目的はこの貯蓄でしょうから、この戻し率が高いところをは注目して選ぶべきでしょう。戻し率の高いフコク生命はとても人気があるわけです。

 

口コミでも1番返戻率が高い、親身になってプランを考えてくれる、プランナーの人がかなり良心的で信頼できる、会社の信頼性があり教育費がどれくらいかかって貯めていくのに負担のない額はどれくらいなのかなど一生懸命考えてくれるなど、良い口コミが目立ちました。

 

ただ、返戻率だけ見るとソニーやアフラックのほうが率が高いということで、この2社も人気があるようですね。

返戻率の高さで人気のソニー生命

画像の説明

ソニー生命の口コミはどうでしょうか。ソニー生命の学資保険の最大の特徴といえば返戻率です。

 

この109.1~113.7%という驚異的な返戻率があり、専任のプランナーがつき、満期の年齢や満期額資金の金額や保険料、支払い方法などを全てオーダーメイドで作ることができます。

 

オーダーメイド型の保険というのは増えてきているのですが、ソニー生命のように対面式で一つ一つの庭にあったトータルなマネープランを提案することができるのもとても大きな特徴です。

 

設定可能な満期年齢も17歳、18歳、20歳、22歳と4段階ありますし、満期額資金は50万円~1,000万円まで可能ということでとても幅広いマネープランを提案してもらうことができます。

 

保険料の払い込み方法も月払いと年払いがほとんどのところ、半年払い、一時払いなどの4つの支払い方法から選択することができます。

 

また10歳までに払い込みを終わらせたいという人のために早期払い込みもできますし、契約者にもしものことがあった場合は以後の保険料の払い込みが免除されます。

 

そんなソニー生命の口コミを見ていると、対面式のライフプランナーについて、プランナーによってはかなり評判が悪いものもありました。

 

もちろん、悪い評判ばかりではなくとても親切で礼儀正しい対応をしてくれるプランナーもいるのですが、中には評判の悪いプランナーもいるようです。

 

あと、返戻金は文句なしに高いということでそこでソニー生命を選んだという人も少なくありませんでした。

ソニーからの乗り換えが多い『アフラックの学資保険

画像の説明

アフラックの口コミを見てみると、アフラックのほけんも貯蓄型ですのでソニーと同じ種類の学資保険になります。しかも返戻金が高いということでも、ソニーともども有名なのがアフラックの学資保険です。

 

内容的にはソニーと同じような感じですが、アフラックでもソニーでも教育費の少ない10歳までに保険料の払い込みを終わらせたいという方のために、10歳で払い込みを満了にできるプランというのもあります。

 

これはソニーとアフラックにはありますが、実は珍しいプランなのです。

 

また万が一契約者に何かあった時は以後の払い込みは必要ありませんし、保険金もきちんと受け取ることができるのも、ソニー生命と同じですね。

 

またアフラックの学資保険は、子供が生まれる140日前から加入することができます。出産前後はどうしたって慌しいですから、その時期をずらして加入できるのは、ポイントが高いかもしれませんね。

 

アフラックの口コミを見てみるとソニーからアフラックに契約変更する人が多いようですね。どちらも返戻率が高いのでここと行き来している人も多いようです。

 

スタッフの対応もよく、担当者との相性がよかったと感じている人が多いように感じました。加入までとてもスムーズに行き、余計な保険を勧められることがないということで、信頼度はとても高かったように感らえます。

 

こちらもおすすめ

最近では学資保険の替わりに【低解約返戻金型終身保険】を利用する人も多いそうです。低解約返戻金型終身保険とはいったいどのような保険なのでしょうか。FPさんに解説して頂きました↓↓↓

学資保険より高い返戻率。学資保険よりおすすめと『低解約返戻金型保険』がFPの間で評判【FP解説】

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG