生命保険の裏話紹介。「保険マンモス」の教えてくれた裏話が強烈だったのでシェア。

保険マンモスが教えてくれた、生命保険の裏話「なぜ生命保険会社の給与はあれほど高いのか」という裏話が、とっても強烈だったので、シェアしたいと思います。生命保険の裏話からわかった正しい保険の選び方。

 

このブログ「保険無料相談の口コミの裏側」について

せっかく夢子のブログに来てくれたあなたには、保険選びを失敗してもらいたくないの

 

はじめてこのブログへ来てくださった方へ、このブログについて簡単にご挨拶。

 

夢子
こんにちは、夢子です。保険無料相談の裏側を紹介するブログへようこそ。

このブログは、今まで15回の保険無料相談を体験した夢子が、保険の無料相談の【暴露記事】を紹介するブログです。

 

関連記事

「保険無料相談ってしつこい勧誘があるんじゃないの」と心配している方へ。15回以上保険無料相談を利用した夢子が体験した、しつこい勧誘があった保険無料相談を、実名入りで紹介します。 夢子が利用した保険無料相談 こんにちわ、ブログの管理人[…]

 

保険選びで失敗しないために、絶対に目を通してほしい【暴露】ページがあるの。3分で読めるから、まずこちらのページの【暴露記事】に目を通して欲しいの↓↓↓。

 

そうすれば、「生命保険の裏話」を調べているあなたが、「これは、注意しなきゃいけなぁ」ってことが、よくわかって頂けると思うわ。??

 

 

それでは「生命保険の裏話紹介。「保険マンモス」の教えてくれた裏話が強烈だったのでシェア。」 行ってみよ~!!

 

どうして生命保険会社の給与はあんなに高いと思いますか?

「どうして保険会社の社員の給与は。あれほど高額だと思いますか?」

 

はじめての保険無料相談で、保険マンモスのFPさんは、そう切り出しました。

 

「実は大手の生命保険会社は、長いあいだ、「一般の方が知らないあるコト」を利用しながら、自分たちの会社”だけ”が儲かる仕組みを作ってきたのです。」

 

このように話をはじめた保険マンモスのファイナンシャルプランナーさん。「夢子の保険の相談はどうなるんだろ~」って思いながら、思わず保険マンモスのファイナンシャルプランナーさんの話に聞き言ってしまいました。そして次にこの保険マンモスさん

 

「私は、そのような大手の保険会社のやり方がいやで独立し、このような無料相談という形で、保険の正しい選び方について、お教えさせていただいているのです。

 

そんなふうにはじめてあった保険マンモスのファイナンシャルプランナーさんは切り出したのです。

 

生命保険会社の裏側(1)「保険会社が儲かるしくみ」とは

平均寿命の意味がわかりますか?

「なぜ、生命保険会社の社員の給与は高額だと思いますか?」初対面でそのように切り出した保険マンモスのFPさんは、続けて「平均寿命が81歳とはどういうことかわかりますか?」と聞いてきました。

 

「平均寿命ってことは、日本人は平均して81歳まで生きるってことじゃないですか?」と夢子は答えました。

 

するとそのFPさんは「そうです、81歳とは平均的な寿命が81歳ということです。」「ではもうひとつ質問します。」

 

そういって保険マンモスさんは、次の質問を続けてきました。

 

あなたが60歳になったときに、周囲の方は何人くらい亡くなっているか?

 

「あなたが60歳になったとき、あなたの回りのお知り合いの100人のうち、何人くらいの方が、お亡くなっていると思いますか?」

 

そのように保険マンモスさんは尋ねてきました。

 

夢子は「5人くらいかな~」と答えました。

 

すると保険マンモスのFPさん、簡易易生命表というものを持ち出して、説明を始めたのです。

 

簡易生命表というのは、その年齢の人が何歳でどのくらいの割合が生きているかを表にしたものだということです。(簡易生命表とは、厚生省によればその年の死亡状況が今後変わらないと仮定して、年齢ごとの死亡率や平均余命を計算、指標化した表とのことです。)

 

 

その表を見ると60歳の死亡率は0.0073%ということになっていました。

 

「この表をご覧いただくとわかるとおり、60歳で生きている人は99.3人ということです。つまり60歳では平均的に、100人のうち1人も死なないということなんです。」

 

保険金を支払う可能性が「ほぼゼロ」の死亡保障だから保険会社は儲かる。

保険マンモスのファイナンシャルプランナーさんは続けていいました。

 

「わかりますか?保険レディーの売り込み文句を思い出してみて下さい。『お子さんが小さいうちは、もし万が一のことがあるといけませんから、高い保障の保険に入っておくのをお薦めします。若い時に加入すると、保険料は安いですから』そのように言われませんでしたか?ですが、この表を見ればわかるように、60歳の時には、殆どの方は死亡しないということなんです。」

 

「いわば、殆どの人は死亡する可能性がないのに、1千万円以上の保険料を支払っているということなんです。お客様は、受け取る可能性の殆どない保険に対して、生涯で一千万円近くの保険料を支払っているわけです。だから保険会社はもうかるわけなんです。だから生命保険会社の社員の給与は高いんです。」

 

「私もかつてそのような大手の保険会社に勤めていました。ですが、そのような保険会社のやり方に疑問を持ちました。そして、本当に客様のためになるお金の情報についてお伝えしながら、面談という形で、お客様に最も最適な、保険の選び方について、ご提案しているんです。」

 

私がはじめて無料相談を利用した、保険マンモスのFPさんの話は、私にとって衝撃的な生命保険の裏話だったわけです。

 

 

生命保険の裏側(2)「実は手厚い日本の社会保障制度」の件

社会保障制度で、日本国民は手厚く守られている

続いて保険マンモスは、「一方、社会保障で、どのくらいの保証があって、国民の皆様は社会から守られていると思われますか?」そのように保険マンモスは聞いてきました。

 

「例えば傷病手当金。この傷病手当金があるおかげで、今はやりの『就業不能保険』などは、サラリーマンの方には、実は必要ないかもしれません。」

 

そういって、慣れた手つきで図を書き、傷病手当金についての説明をしてくれたのです。

 

 

傷病手当で、標準報酬額の3分の2にあたる部分は保障されます。(サラリーマンの場合)。残りの3分の1は不足ということになります。

 

ところで最近TVCMで盛んに放送されている就業不能保険ですが、この就業不能保険の支払いのハードルはかなり厳しいです。

 

TVCMを見ていると、入院などをしたら、なんでもかんでも就業不能保険で支払われると思われがちですが、そんなことはありません

 

就業不能保険の支払いの条件の高さなどを考え併せれば、支払われるかどうかわからない掛け捨て保険に加入するよりも、その分を貯金しておいたほうがいいというのが、私の考えです。

 

高額療養費制度で一定額以上の病院代は掛からない

さらに保険マンモスの話は続きます。

 

「社会保障の中に高額療養費制度というものがあります。高額療養費制度とは、病気になったとき医療機関や薬局の窓口で支払った医療費が一定額を超えたときに、その超えた金額を支給するという制度です。

 

 

「しかし、高額療養費制度は概要や手続きについて、知らない、わからないという人が多い制度でもあります。」

 

「最近では、わかりやすく伝えようと資料などが作られたりしているようですが、大きな病気やケガなどをしなければ、なかなか知る必要に迫られることもないので難しいところがあります。」

 

高額療養費制度は年齢や所得に応じて、支払う医療費の上限が定められています。さらに、いくつかの条件を満たすことで、負担を軽減する仕組みもあります。」

 

「高額療養費制度にはいろいろな細かい規定や条件があり、その人が加入している医療保険の種類によって、利用できる条件が異なります。とはいっても、高額療養費制度は制度ですから利用するのに遠慮する必要はありません。高額療養費制度は一般的には治療前に手続きをして、治療後に払い戻しをします。」

 

「高額療養費制度は、手術費用が高額になったとき、自己負担額の上限金を超えた額は還付してくれる制度ですが、一般的には『一時的には高額な医療費を負担しなければいけないんでしょ』と思われていますが、そのようなことはありません。」

 

「あらかじめ手術を受ける日程が分かっている場合は、数週間前に『限度額適用認定証交付申請』をすることによって、一次負担額を立て替える必要なく、自己負担限度額で抑えて、あとは役所と病院が手続きを勝手にやってくれます。」

 

「このような制度があることも、意外に知らされていません。保険レディーから、そのような話を聞かされたことがある人は、少ないのではないでしょうか。このような制度のことを知っていれば、闇雲に高額の入金給付金を付けた高額な保険に入る必要はないはずです。

 

このようなことを教えてくれないことも、保険会社を儲けさせている裏話のひとつだと、夢子は思うんだよね。

 

「生命保険の裏話紹介。「保険マンモス」の教えてくれた裏話が強烈だったのでシェア。」まとめ

夢子が体験した、保険マンモスのファイナンシャルプランナーさんが教えてくれた、生命保険の裏話を紹介しました。

 

まとめてみると

 

大手生命保険会社の給与がいいのは、ホントは必要ない可能性が高い保険を、いかにも必要かのような話術で、保険の勧誘をしてきたから。
保険レディーが社会保障の説明をしてくれたことなんて、聞いたことが無い。(夢子の場合よ)
保険レディーの薦められるまま、何も考えずに加入した保険は、社会保障などと併せて考えてみることが大切

 

以上です。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。もう少しだけ、お付き合いしてね。

せっかく夢子のブログに来てくれたあなたには、保険選びを失敗してもらいたくないの

 

はじめに言ったけど、このブログは、保険無料相談の口コミを鵜呑みに信じたら駄目よ。だって裏側があるんだもの。という【暴露記事】を紹介するブログです。

 

夢子
保険無料相談の口コミは、鵜呑みに信じてはダメよ。こちらの暴露記事は、必ず目を通してね。
このページでは、生命保険の裏側と保険マンモスさんについて紹介したけど、こちらの暴露記事を見たらきっと、「保険の無料相談って鵜呑みにしないで、いろいろ利用しないといけないなぁ」って思うと思うのよ。

 

関連記事

「週刊現代」と「週刊ダイヤモンド」が保険相談の裏側を暴露した記事を見つけたわ。この記事の中では、保険ショップが受け取っている手数料についても紹介されているわ。保険ショップが受け取る手数料にビックリよ。記事を引用しながら紹介します。 &nb[…]

 

3分で読めるから、絶対にこのページは目を通して、失敗のしない保険選びをしてね。

 

 

それでは、またね。

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG