産後ニキビが治らないので

どうしてもできてしまう産後ニキビ

画像の説明

産後ニキビの特徴として「繰り返し同じ場所にできる」というのがありますよね。せっかく治ったと思ったのに、また同じところ…もううんざりしてしまいます。それはまるで、退治しても退治しても再び現れるモグラたたきのよう。

わたしもそういう産後ニキビに悩んでいた1人。そうして産後ニキビはどうやって治したらいいのか?を考えて産後ニキビ専用スキンケアであるラミューテを使用してみました!今回は私の体験談も交えて、産後ニキビの原因や対策などをご紹介します。

産後ニキビはどうしてできる?原因は?

産後ニキビができる原因

まずは産後ニキビの原因を知ることからはじめます。

「産後ニキビは思春期ニキビとは違う」とぼんやり知っていても具体的には知らないなんて方も多いですよね…。原因を知って対策を考えていきましょう(*'ω'*)!

産後ニキビの原因、それはずばり「身体の中のバランスが崩れること」です。

睡眠不足や栄養の偏り、ストレス、運動不足などなど、人によっていろいろなことが関わってきますが、それによりホルモンバランスや免疫などの身体の中のバランスが崩れてしまうことが原因で産後ニキビができます。

画像の説明
バランスにもいろいろ。体の声に耳を傾けましょう。

仕事にプライベートにとちょうど忙しい時期である20代30代に起こることが多く、さらに人によっていろいろな原因が組み合わさっているので、原因を紐解いて解決する!なんてことはちょっと難しいかもしれません。

思春期ニキビは皮脂がたくさんでてしまい、毛穴が詰まり炎症が起こることでニキビができてしまいます。ですから対策も割とシンプルに「皮脂を抑える」ことや「増えすぎたアクネ菌を減らす」こと。具体的にはそういったスキンケア用品を使用することで思春期ニキビはおさまっていくことが多いですよね。

じゃあ産後ニキビにも皮脂を抑えるようなスキンケアが良いのか?というとそれはNOです。

産後ニキビの場合、ただ皮脂が多く毛穴が詰まってしまったというだけではないので、あまり有効な手段とはいえません。皮脂が多く出るのは10代の頃特有のものだといっても過言ではありません。

思春期ニキビと産後ニキビの違いは「場所」で判断!

産後ニキビは若いときのニキビとは違います

しかし中には「10代の頃からニキビ肌で20代になった今もニキビができてる…」という方もいらっしゃいますよね。そういった場合「これは産後ニキビなの?思春期ニキビ?」と悩んでしまうこともあると思います。どうやって産後ニキビと思春期ニキビを見分けたら良いのでしょうか?

基本的には場所で判断していきます。思春期ニキビの場合、皮脂の多く出るTゾーンや頬にでることが多く、産後ニキビの場合はフェイスラインや顎など、中心よりもやや外側付近にできることが多いのです。

産後ニキビの場合、治りにくかったり、繰り返し同じ場所にできてしまったりといった跡に残ってしまいやすい点なども思春期ニキビとは違います。

画像の説明
同じ場所にできるなら産後ニキビの可能性大

どう対策したらいいの?

産後ニキビの対策方法が知りたい!

原因や産後ニキビと思春期ニキビの違いなどを紹介してきました。「じゃあどうしたらいいの?」と思われたかもしれません(´・ω・`)。

しかし、難しく考えなくても大丈夫!身体の中のバランスを整えることは誰にでもできること♪バランスを整えることで産後ニキビの対策ができるようになるんです。

例えば睡眠不足。仕事は忙しいけど趣味ももちろんやりたい!とついつい毎日夜更かし…。わたしも以前はそうでした。しかし睡眠不足も産後ニキビの原因を1つだと知り、遅くても24時前には眠るようにしました。美肌を目指すのなら6時間以上はしっかり眠るように心がけてください。

画像の説明
小さな子供がいると難しいかもしれませんが睡眠は大切に

他にも栄養バランスを気にしながら食事をして、偏ったりしてしまわないこと。外食などの場合、意識的に野菜を取り入れるようにしたりします。心あたりのある人は毎日の食事も変えていきましょう!

体内のバランスを整えるというのは「規則正しい生活をする」ことです。そう難しく考えず、身体の負担になるようなことをやめて、身体のためになりそうなことをするといった感じでOK!一気に変えてしまうと負担になりかねないので少しずつ気を付けていきましょう。

ラミューテの産後ニキビへの効果

ラミューテは産後ニキビに効果があるのでしょうか?

先ほど産後ニキビと思春期ニキビは違う、という話が出てきました。思春期ニキビは皮脂がたくさんでてしまうことで、毛穴が詰まり、炎症が起き、それがニキビになってしまいます。

しかし産後ニキビの場合は皮脂があまり出ていない、乾燥肌の人にもできますし、乾燥が産後ニキビの原因になってしまうことだってあるんです。

そもそも根本的に産後ニキビと思春期ニキビは違う、ということなんですね。

ですからスキンケアの方法も違って当たり前。

産後ニキビ対策で思春期ニキビ用の皮脂対策スキンケア用品を使用してしまうと乾燥を招くことになり、さらに悪化…!なんてことも。やっぱり産後ニキビには専用のスキンケア用品を使うのが一番です!

画像の説明
産後ニキビ専用のスキンケア用品があると知ってよかった

そこでわたしが知ったのは「ラミューテ」でした。

思春期ニキビ用なのか、産後ニキビ用なのかが曖昧なものも多いですが、ラミューテは産後ニキビ対策のスキンケア用品だというのが分かりやすくて挑戦しやすかったんです。

さっぱりした使い心地に、洗顔のあと化粧水と美容液のみというシンプルさ。使いやすくとても気に入ったのですが、わたしが一押ししたい点が「ダマスクローズの香り」です。顔になじませるのに抵抗を感じない、きつすぎない、ほんのりとした良い香り…なのですが、それだけではないんです。

ラミューテが届いた際に同封されている冊子によると、ダマスクローズの香りには「ホルモンバランスを調整してくれる」作用があるのだとか。まさに産後ニキビ対策である「身体のバランスを整える」と一致しているんです。

また香りにはリラックス効果もあるのでスキンケアのさい、両手でしっかりお肌に馴染ませながら深く息を吸って吐いて…を繰り返しています。そのおかげなのかはわかりませんが、結果的に2ヶ月たった今では産後ニキビをぐっと減らすことができました。

産後ニキビには専用ケアを

産後ニキビには専用ケアが大切

画像の説明

産後ニキビをなんとかしたい!と本を読んだり調べたり、聞いてみたり…といったことをしてきて知った「身体の中のバランスを整える」という産後ニキビ対策について、くわしくご紹介してきました。バランスを整えると言ってもいろいろな方法がありますよね。その中でもやっぱりオススメしたいのは産後ニキビの専用スキンケアを使うことです。

乾燥にも皮脂にも気をつけたい産後ニキビのことを考えてつくられたラミューテは一押しです。ぜひバランスを整える一環として使ってみてくださいね◎。

関連ページ

産後ニキビが治ったスキンケア